三井住友銀行系の消費者金融のプロミス。テレビCMもよく目にすることから、名前だけでもご存知の方は多いでしょう。消費者金融ということで審査に通れば原則保証人なし、無担保で借入れができます。
そんなプロミスで借入れするにはまず審査に通らないといけません。特にカードローンは原則保証人なし、無担保なので返済能力の有無をしっかりと判断する必要があります。そのため詳細な審査が必要になるのです。年齢や住所、住まい、勤務先、勤続年数、年収など様々な項目が聞かれます。

また、申告通りの会社に勤めているかの確認のため在籍確認が行われます。これは勤め先にプロミスの保証会社から連絡が行くということです。ただ、もちろんプライバシーの問題もあるので「カードローンの審査で電話しました」などは言いません。個人名での連絡となるので、通常カードローンがばれることはありません。しかし、何となくばれることもあるでしょう。それを防ぎたいため、在籍確認のための電話連絡なしでの審査はないのでしょうか。
こういった口コミは多いのですが、場合によっては電話連絡なしでも社員証や直近の給与明細の提出などで代用できることも有るようです。ただ、必ずしも代用できるわけではないので注意が必要です。
電話連絡がどうしても嫌なら時間を指定してもらうことも場合によっては可能です。その時間に運よく自分が電話をとれば問題はないからです。また、カードローンの審査の電話とばれたとしても、その行為自体が違法ではないので、特に問題はないはずです。電話連絡なしにそれほどまでこだわる必要はないでしょう。

電話連絡なしで少額借入れ一括返済がおすすめのプロミス

電話連絡なしというのは、職場に貸金業者から連絡がないということを指しており、そして多くの貸金業者が実施をしています。多くと言うよりもすべての貸金業者が行っていると言っても過言ではなりませんが、消費者金融のプロミスはこの確認を行っていないことで人気です。

職場に電話連絡がない貸金業者を多くの人が申し込もうとします。この理由としては職場に貸金業者に申込みをしたことが発覚することを恐れるからです。いつからか会社名を名乗らないで個人名だけで電話を掛けてくる人は、貸金業者の人間であるという説が広まるようになり、そのことをとても嫌うようになったのです。よって電話連絡なしの貸金業者に申込みをしたがるようになりました。

プロミスは電話連絡なしで申し込みをすることができますが、もう一つお得なキャンペーンがあります。初回の借入れに限りますが、30日間利息が無料と言うサービスがありますのでこれを利用することでもっとお得に借入れをすることができます。少額の借入れであれば、この30日間に一括で返済することも可能です。そうなると無利息でお金を借りることができます。消費者金融のなかでは、少し金利が低いプロミスになりますが、それでも金利は他の貸金業者に比べると高い方です。なるべくお得な使い方を検討するべきですので、このような利用方法がおススメになります。電話確認なしで審査を行え、そして無利息キャンペーンを利用すれば、利息を支払わずに利用できるでしょう。