消費者金融から借入をしたい時はインターネットを利用する事で来店する必要が無く、融資を受けることが出来るようになっている会社が多くなっています。
消費者金融と言うと、お店に行って申し込みをすると色々と聞かれるのではないか、身内や会社などの人に借入れをしている事を知られたくないと言った考えを持つ人が多いものです。

在籍確認というものは、申し込み内容の確認や、会社に勤務しているか否かなどを調べるために行われるもので、中には電話連絡なしと言った方法で申し込めるケースも有ります。
電話連絡なし=会社にバレる心配が無い、と言ったイメージを持つ人もいますが、在籍確認を行う場合でも個人名などで電話をしてくれるので会社にバレることはないのです。

しかしながら、電話連絡なしと言うのは、消費者金融の担当者などから色々な事を聞かれる事が無いので、申し込みをする時なども気軽に出来ると言うメリットが有るのです。

所で、消費者金融からお金の借入れをする時には利用限度額に応じた金利が適用されることになります。
1万円から最大で500万円、実質年率が17.8%~5.8%となっている場合、審査により利用限度額が定められ、その利用限度額に応じた貸し付け金利が定められるのが特徴です。

金利というものは、お金を借りた場合の1年間の利息を計算する目的利用出来る数字でもあり、利息の計算方法と言うのは、「借入れ残高の合計×金利÷365日×借り入れ日数」と言う計算式で借入日数に応じた利息の計算が可能になるのです。